このwikiはAviUtlの導入や簡単な編集をサポートするための初心者向けwikiです。

このページでは動画のしくみについての簡単な説明をしていきます。

menndouyukkuri
結構内容が多いページなので、わたしのおすすめは1日1項目ずつ読んでいくことです(もちろん動画編集する気なら全部知っておきましょうね)

 
menndouyukkuri
分かりやすくするために少しちがうんじゃない?というような説明をする部分がありますが、もっとしっかり勉強したい人向けのページにリンクも貼っておきますのでご了承ください


動画ファイル形式とは?

動画形式(コンテナ)とは?
「動画のしくみ」は、「映像」ファイルと「音声」ファイルを同じファイルにまとめて、それを同時に再生して「動画」とする、というだけなのですが、この時に「映像」ファイルと「音声」ファイルをまとめる際に使用するファイルフォーマット(動画形式)の事を「コンテナ」と言います。

「映像」ファイルと「音声」ファイルを「コンテナ」にまとめる事を、「多重化」「コンテナ化」
「カプセル化」などと呼びます。
出典:AviUtlの易しい使い方
  動画形式の種類と違い(AVI・MP4・MOV・MPEG・MKV・WMV・FLV・ASF等)【コンテナ】

主なコンテナは
  • MP4
  • AVI
  • MOV
  • MPEG
  • WMV
  • WebM
などです。

例えば、MP4コンテナなら、ファイル名の最後に.mp4という拡張子が付きます。
 
「コンテナ」と「コーデック」の違い
「コンテナ」と「コーデック」を混同している人をよく見かけますが、↑で紹介した「MP4」「AVI」などは「コンテナ」であって「コーデック」では有りません。(コーデックについては後で説明します)

図で表すと以下の様な感じです。(出典:AviUtlの易しい使い方
▲「コンテナ」の中に「コーデック」で圧縮された「映像」と「音声」が
入っているイメージ

「コンテナ」は、「コーデック」を使用して圧縮した「映像」や「音声」を合成する為の「ただの入れ物」(コンテナ)です。

ただ、それぞれの「コンテナ」で全ての「コーデック」が使用出来るわけではありません。

使用できる代表的なコーデックはこのようになります。
※あくまで「代表的なコーデック」なので、他にも使えるコーデックはたくさんあります。
コンテナ名拡張子映像コーデック音声コーデック
MP4.mp4 .m4aH.264・Xvid・Divx・MPEG-4AAC・MP3・Voribis・AC-3
AVI.aviH.264・Xvid・Divx・MPEG-4AAC・MP3・LPCM
MOV.mov .qtH.264・MJPEG・MPEG-4AAC・MP3・LPCM
WMV.wmv(.asf)WMV9WMA・MP3・AAC
WebM.webmVP9・VP8Vorbis・Opus
MPEG2-PS.mpeg .mpgMPEG-2・MPEG-1・MPEG-4AAC・MP3・LPCM
MPEG2-TS.m2ts .tsH.264・MPEG-2AAC・AC-3・MP3
OGM.ogmXvid・DivxMP3・Vorbis
MKV.mkvH.264・Xvid・Divx・MPEG-4AAC・Vorbis・MP3・LPCM・FLAC
FLV(F4V).flv(.f4v)VP6・H.263(H.264)MP3・ADPCM(AAC)
ASF.asf(.wmv)H.264・Xvid・Divx・MPEG-4AAC・MP3・LPCM・FLAC
VOB.wmvMPEG-2・MPEG-1PCM・AC3・MP2
コーデックの名前がずらっと出てきてなんのこっちゃわからないと思いますが、このページを最後まで読めば分かるのでご安心を。
 
コンテナの特徴
さっきのコンテナの中でよく使うやつだけ解説します。
menndouyukkuri
というかぶっちゃけた話、MPEGもVOBもほぼ使いませんし

MP4
いろいろなOSやソフト、機器に対応している、現在最もよく使われているといっていい動画形式です。
主に動画コーデックの「H.264/MPEG-4 AVC」とセットで使われます。
「MOV」をベースに作られ、AVIと比べて機能も豊富、このコンテナでエンコードしておけば、最新の機器ならほとんど再生可能です。
menndouyukkuri
ちなみに「MPEG-4」というのは、このMP4”コンテナ”の事じゃなくて”コーデック”の事を指すので注意です(MP4≠MPEG-4)


AVI
Microsoft Windowsでの標準動画形式です。
昔から使用されている動画形式なので、ほとんどのコーデックを使用できたり、色んな環境との互換性があったり、汎用性の高い形式です。
しかし、機能が低いのがネックです。
menndouyukkuri
AVIは1992年以前に策定された古い形式なので、機能が低くなり、AVI2.0という拡張仕様がつくられました(これでもまだ機能は低いですが)

MOV
Appleでの標準動画形式です。「MP4」のベースになりました。
Apple系の製品と相性が良いコンテナです。

WebM
Googleが開発し、ロイヤリティーフリーのオープンソース、HTML5に対応しているブラウザで再生する事ができる動画形式です。
今はあまり普及していませんが、将来的に普及する可能性が高いコンテナです。

H.264/MPEG-4 AVCの後継コーデック、H.265/MPEG-H HEVCに、Google製のコーデックであるVP9が打ち勝つ事が出来たら、ネット上ではWebMが標準になると見込まれています。

menndouyukkuri
現在YouTubeの動画が順次VP9コーデックのWebM形式に変換されているので、対応ブラウザ(最新版のブラウザではほとんど対応)を使えば簡単に見ることができます

 ex:スマイルプリキュア!OP「Let's go! スマイルプリキュア!」

(うp主が唯一キャラのレベルで少し知っているプリキュアです)

動画上で「右クリック」→「詳細統計情報」で、「Codecs」という項目に「VP9」と表示されます。
VP9は基本WebMでしか使われません。
※出てきた小窓を消すには右上の[x]をクリックします。
 
コンテナによる機能の違い
  • 再生の互換性
  • チャプター機能のサポート
  • ストリーミング再生のサポート
  • VFR・VBR等のファイルサイズを小さくする技術についてのサポート
  • 字幕のON・OFFサポート
などの主に「再生環境」や「動画自体の仕組み」に関係します。
 
エンコードする際のおすすめ
MP4一択です。
 

ビットレートとは?

ビットレートとは
ビットレートとは、「1秒間にどれだけ情報を詰め込んでいるか」という事を表します。
単位はbps*1で表します。

基本的に、ビットレートが高ければ高いほど、画質・音質が向上します。
ビットレートは「映像」「音声」、それぞれ別々に割り当てられています。
  • 「映像」に割り当てるビットレートを高くすれば「画質」は良くなります。
  • 「音声」に割り当てるビットレートを高くすれば「音質」が良くなります。
2つのビットレートを合計したものを「オーバルビットレート(総ビットレート)」と呼びます。
オーバルビットレートが俗にいう「動画のビットレート」です。
 
画質との関係
「映像」のビットレートが高ければ高いほど、1ピクセル1ピクセル全てに正確な色情報を割り当てる事が出来ます。結果的に高ビットレートだと画質が良くなり、低ビットレートだと画質が悪くなります。
通常ビットレート(2Mbps(2000kbps))低ビットレート(200kbps)
※音が出るので注意してください。(目的のためには音声いらないんですが)
「2Mbps(2000kbps)」というビットレートは、「1秒間に2メガビットのデータを表示している」という事を指しています。
ただし、そこに書いてあるビットレートはあくまで投稿前のものです。

また、高ビットレートだと1ピクセル毎の色がはっきり表示でき、画質が鮮明になります。低ビットレートだと1ピクセルに割り当てれる色情報が少なくなる為、画質がぼやけたような感じになります。(確認したければご自身で全画面にでも拡大してください)

さらに、低ビットレートの場合、全てのピクセルに均等にビットを割り当てているとビットが足りなくなってしまうので、同じような色が連続するシーン(青い空が延々と広がってるシーンとか)などで、優先的にビットを削減しようとします。

その結果、そういうシーンでは「ブロックノイズ」↓が発生しやすくなります。

 
音質との関係
音声でのビットレートは、
サンプリングレート(Hz)× ビット深度(bit)= ビットレート(bps)
という関係式で表せます。

つまり、音質を上げたいなら、「サンプリングレート」か「ビット深度」を上げればOKです。
  • サンプリングレートを上げる → 滑らかな音になる
  • ビット深度を上げる → 音の細かさ・大小などの表現力が上がる
 
コーデックとの関係
先ほど「ビットレートが高ければ高いほど、画質・音質は向上する」と言いましたが、画質・音質は「コーデック」とも大きく関わってきます。
「コーデック」というのは「映像」や「音声」を圧縮する為の「圧縮のアルゴリズム」みたいなヤツです。(詳しくは後で説明します)
圧縮率の良いコーデックを使用すれば、低ビットレートでもそこそこの画質・音質を保つ事が出来ます。
 
解像度との関係
基本的に解像度が高い動画ほど高ビットレートが必要になってきます。(1フレーム/秒当たりの情報量が多くなるので)
「1280×720」の解像度と「1920×1080」の解像度では、後者の方がビットレートを多く必要とします。「1280×720」で十分なビットレートでも、「1920×1080」では不十分という事も有り得ます。
 
フレームレートとの関係
フレームレートが倍になれば、もちろんビットレートも倍になります。
「1秒当りのフレーム数」が倍になるので、まあ当たり前ですが。
 

ビットレートは上げすぎるのも良くない

ビットレートをただ上げればいいというわけでもありません。
ある一定以上は上げても無駄なだけ
ビットレートは上げれば良いというものでもありません。

例えば、元々の画質が100の動画を、超高ビットレートでエンコードしたとしても画質は100以上にはなりません。(できても99とか)
ビットレート5Mbpsで画質が95なのに、ビットレート10Mbps割り当てても画質が96にしかならないなんて事は良く有ります。
こういう場合、ビットレート10Mbpsなんて割り当てても無駄なだけです。

ビットレートは、元動画の画質・音質を維持する為のものです。(底上げする為のものではありません)
 
ビットレートが高い=再生負荷が高い
ビットレートは高ければ高いほど、PCに再生負荷が掛かります。

無駄に高ビットレートにすると「画質は普通なくせに、再生負荷はめちゃくちゃ高くて、ファイルサイズもムダにデカい」という最悪な動画になってしまいます。
自分で保存する用としてエンコードする場合は、「動画の解像度」と「動画の内容」から割り当てるビットレートをきちんと考えましょう。
 

フレームレートとは?

フレームレートとは
動画というのはそもそも、画像をパラパラ漫画みたいにペラペラめくっていって動いてる風に見せかけているだけです。



そのような「1秒当たりのパラパラ漫画の枚数」の事を「フレームレート」と言います。(単位はfps*2で表します)
パラパラ漫画の枚数(フレームレート)を多くすれば動画が滑らかになりますし、少なくすればカクカクな動画になります。


※画質を720p60にしないと60fpsで再生できないので歯車の右上に「HD」と書いていない場合は変更してください。

私達が普段見ている動画の殆どは30fps(1秒当り30フレーム)です。

menndouyukkuri
日本やアメリカではテレビのフレームレートは30fpsですが、ヨーロッパ・アジア諸国(日本を除く)では25fpsです


フレームレートは、「動画の滑らかさ」を示す値なので、30fpsよりも60fpsの方が滑らかに見えます。
ですが、30fpsより60fpsの方が当然ファイルサイズは大きくなります。(よほど画質を落とさなければ)

menndouyukkuri
ちなみに、世間には120fpsなるものがありますが、ここまでくると多くの人が60fpsと120fpsの違いが判別できないので意味はないです(ついでに言うと表示できる機器もほぼないです)

エンコードする際のおすすめ
普通の動画 30fps 
激しい動きの多い動画など 60fps
といったところでしょうか。

menndouyukkuri
ちなみに動画に見える最低限のフレーム数は24fps(これ以下だと連続した画像にしか見えません)で、映画などに使われます

解像度とは?

解像度とは
解像度の違い                            出典:解像度 – Wikipedia

解像度は、「映像を構成する平面内にあるピクセル(画素)の数」の事を指します。
動画の世界では、「横x縦px」で表すことが多いですけど、デジタルカメラとかの世界だと「解像度○○万画素」みたいに表現する事が多いです。(例えば「1600万画素」なら4000x4000pxまでの映像・画像を撮影出来るということ)

どちらも数が多ければ多いほど、基本的に高精細な映像になります。
 
よく使われる解像度の名前
よく使用される解像度には、名前が付けられています。
  • 640x480:SD(標準画質)
  • 1280x720:HD(ハイビジョン)
  • 1920x1080:フルHD(フルハイビジョン)
  • 3840x2160:4K UHD
  • 7680x4320:8K UHD
「SD」はDVDで使われてる解像度、「HD」は動画配信サービスとかでよく使われてる解像度(まあYouTubeではフルHD普通ですし、4K投稿できますけど)、「フルHD」はテレビの解像度としてよく使われている解像度です。

というか、そもそも人間の目で8Kとかほぼいりません。
8Kとかもはや「重い(エンコ・再生ともに)・でかい(サイズが)・見れない(ほとんど対応機器がないので)」の三拍子そろった役立たずです。
 
エンコードする際のおすすめ
ニコニコ動画に投稿する 1280x720
YouTubeに投稿する・保存するなど 1920x1080 
といったところでしょう。

menndouyukkuri
ニコニコ動画に投稿するときは1280x720にするべきなのはニコニコ動画の仕様?で1280x720までしか表示できないのが原因です

エンコード・コーデック・Muxerとは?

エンコードとは
動画というのは、単に1枚1枚の画像を繋ぎあわせて「パラパラ漫画」みたいにして「動画」として見せかけているだけ、という話はさっきしましたが、これを単純に1枚1枚の画像を何も処理せずに動画ファイルにしてしまうと、超巨大なファイルサイズになってしまいます。

例えば、私達が普段観る動画のほとんどは30fpsですが、これは「1秒間に30枚/sのパラパラ漫画」
という意味なので、1分間流すだけで「1800枚」の画像が必要になります。

もし「1920×1080」な解像度の動画なら「1920×1080」の画像が「1800枚」必要になるという事
です。

これを単純に、何も処理せずに1つの映像として繋ぎ合わせると「超巨大な容量になってしまう」
というのは容易に想像出来るでしょう。
出典:AviUtlの易しい使い方 エンコードとは?コーデックとMuxerの関係について

エンコード」は、こういった超巨大な動画のファイルサイズを小さくするために、動画の無駄な部分(削っても問題ない部分)を削除(圧縮)して、動画のファイル容量を小さくする作業のことを言います。

エンコードされていない動画はほぼ有りません。
 
エンコードとコーデックの関係

コーデック」とは、「エンコード」する際に使用する「圧縮のアルゴリズム」のことです。
この「圧縮のアルゴリズム」が優れているコーデックを使用すればするほど、小さいファイル容量で高画質・高音質な動画にする事が出来ます。

「圧縮」した動画は、文字通り圧縮されているので、圧縮したものを元に戻さないと再生する事が出来ません。
再生するには、これを「復元」する必要があります。この「復元」作業の事を「デコード」と言います。

menndouyukkuri
「デコード」するソフトの事を「デコーダー」、エンコードするソフトの事を「エンコーダー」と言い、両方出来るソフトの事を一般的に「コーデック」と言います


「復元」作業の際には、その動画ファイルに使用されている「圧縮のアルゴリズム」が分からない事には再生する事が出来ません。
動画ファイルを再生した際に、「音は出るけど映像が流れない!」と言った事態が生じるのは、この
「デコーダー」がパソコンにインストールされていない事が原因で起こるトラブルです。

この場合、「音声」の「デコーダー」はインストールされているけど、「映像」の「デコーダー」が
インストールされていない為に起こります。また、「映像は出るけど音声が流れない!」と言った場合
は、この逆です。
現在よく使用される映像コーデックとしては「H.264」「MPEG2」、音声コーデックとしては「MP3」「AAC」などが有ります(詳しくは後述)。
 
エンコードとMuxerの関係
「動画のしくみ」は、「映像」ファイルと「音声」ファイルを同じファイルにまとめて、それを同時に再生して「動画」とする、というだけなのですが、この時に「映像」と「音声」を2つに合わせて、1つのファイル(コンテナ)にするためのソフトをMuxerと呼びます。

図にするとこんな感じになります。(出典:AviUtlの易しい使い方 エンコードとは?コーデックとMuxerの関係について

つまり、Muxerは「「音声」と「映像」をMuxerで1つの動画ファイルにまとめる」だけのソフトです。
そして、このように「音声」と「映像」を1つの動画にまとめる事を「Mux」と言います。
また、Muxerは使用するコンテナ(AVI、MP4など)によって異なります。

例えば、AVIコンテナとして動画をMuxしたいなら、AVIコンテナ専用のMuxer、MP4コンテナとして
動画をMuxしたいなら、MP4コンテナ専用のMuxerが必要になるという事です。

Muxerとして有名なソフトとしては「MP4Box」「L-SMASH」などが有ります。
 

動画コーデックの種類

圧縮方法
コーデックで圧縮する方法には主に2種類有ります。
フレーム内の情報を圧縮する方法(フレーム内圧縮)
例えば、全面空が広がるようなシーンでは、殆どの色情報が「青」に似たような色となります。
こんな場合、例えば「A A A A A B B C C C B B」(データ量:12)というデータが有ったとしたら、
  • 5 A 2 B 3 C 2 B」(データ量:8)
という風に数学的にファイルを圧縮する方法を「フレーム内圧縮」と言います。
 
フレーム間で似たような部分を圧縮する方法(フレーム間予測)
例えば、ニュース番組とかでキャスターが淡々とニュースを読み上げているシーンなどでは、実際に動画として動いてるのは「口元」部分くらいで、その他の背景は殆ど変化しません。

ならば、動かない部分だけをまとめた1枚の画像を背景として用意して、「口元」だけを動かした動画を用意すればいいですよね。

このような「無駄なフレーム間の情報」を圧縮する方法を「フレーム間予測」と言います。



圧縮効果としては「フレーム間予測>>>>フレーム内圧縮」となり、「フレーム間予測」に比べると「フレーム内圧縮」で圧縮できるサイズは微々たるモノとなります。

もっと詳しく知りたい人はH.264の秘密 | コンピュータサイエンス | POSTDへどうぞ。
 
可逆圧縮コーデックと非可逆圧縮コーデック
コーデックには可逆圧縮コーデック非可逆圧縮コーデックがあります。
可逆圧縮コーデックは「可逆」と名のつくとおり、画質をまったく落とさずにサイズを(少しですが)落とすことができます。
一方で非可逆圧縮コーデックは少し画質が落ちますが、ものすごくサイズを小さくできます。

非可逆圧縮コーデックのしくみを超絶簡単無理やり不正確に説明すると、「A A A A A B B C C C B B」(データ量:12)というデータが有ったとしたら、

A も B も C も似てるから同じにしちゃえ!

といって
  • 12 A」(データ量:2)
にしちゃうといった感じです。

menndouyukkuri
実際には人が見ても分かりにくい所だけを選んでやるんですよ?

可逆圧縮コーデックには「Lagarith Lossless Video Codec」や「Ut Video Codec Suite」、非可逆圧縮コーデックには「Xvid」や「H.264/MPEG-4 AVC」、「VP9」などがあります。

もっと詳しく知りたい人はH.264の秘密 | コンピュータサイエンス | POSTDへどうぞ。
 
動画コーデックの種類と特徴
動画コーデックでも有名なもの、よく使われるもの、将来有望なものについて簡単に特徴を説明していきます。


非可逆圧縮コーデック

H.264/MPEG-4 AVC  ・現在最も主流な動画コーデック  
現在最も主流な動画コーデックであり、「低ビットレートでも高画質をキープする」という用途で作られたコーデックです。
「H.264」、もしくは「MPEG-4 AVC」と呼ばれます。呼び名が2つあることが気になる場合はH.264 - Wikipediaを見てください。

従来の「Divx」や「Xvid」などと比較して、ビットレート当たりの画質が非常に優れているのが特徴で、動画を作成したことがある人なら必ず1回は使っていると思うので馴染み深いかと思います。
ニコニコ動画やYoutubeなどの動画共有各サービスをはじめ、インターネット上で幅広く使われています。

実はオプションしだいで「可逆圧縮」としても使用出来ます(可逆圧縮ならもっと負荷の低い専用コーデックでいいじゃないかと思うのはわたしだけでしょうか)。

Divx  ・一昔前に最も主流だった動画コーデック  
一昔前に最も主流だった動画コーデックで、「Divx」という会社が作っています。
この「Divx」が商用化される事に反発するプログラマーが「Xvid」を作りました。
一昔前はネット上で出回っている動画は大半がこのコーデックでしたが、今はH.264に主役の座を奪われています。

Xvid  ・Divxとともに一昔前に主流だった動画コーデック  
「Divx」が商用化される事に反発するプログラマーによって作られたコーデックです。
性能は「Divx」を少し上回っているようです。
一時期はこのコーデックが主流となりつつありましたが、今はH.264に主役の座を奪われています。

VP9  ・Googleイチ押しの次世代コーデック  
「H.264/MPEG-4 AVC」の後継コーデックである「H.265/MPEG-H HEVC」に対抗するGoogle製の次世代コーデックです。

H.264やH.265は使用するのにライセンス料を支払う必要が有るという欠点があり、それが気に入らないGoogleは、代替としてオープソースでロイヤリティーフリーな「WebM」というコンテナを開発、VPコーデックのOn2を買収(2009)しました。
参考:Google、VPコーデックのOn2を買収、HTML5動画論争にも影響か|マイナビニュース
現在、Youtubeで使用されており、圧縮率的には、「H.265/MPEG-H HEVC」と同等です。

現在は知名度が低く、エンコード速度も遅いですが、これからが期待されるコーデックとしては一番有力です。

H.265/MPEG-H HEVC  ・H.264/MPEG-4 AVCの後継コーデック  
「H.264/MPEG-4 AVC」の後継コーデックで、「VP9」に対抗する次世代コーデックです。
「H.265」、もしくは「HEVC」と呼ばれます。呼び名が複数あることが気になる場合はH.265 - Wikipediaを見てください。
知名度では「VP9」にリードしていますが、圧縮率的には、「VP9」と同等です。
現状はエンコード速度が遅すぎて正直使い物になりません。

MPEG-2  ・地上デジタル放送に使用されているコーデック  
地上デジタル放送やDVDに使用されているとても有名なコーデックです。
同じような名前のコンテナと間違えられるコーデックでもあります(「MPEG-2 PS」と「MPEG-2 TS」という名前のコンテナがあります)。

ちなみに高ビットレートにすると、H.264より画質は勝るらしいです。

MPEG-4  ・あまり使われない上にコンテナと間違えられるコーデック  
「MPEG-2」を更に高圧縮にしたコーデックですが、「H.264/MPEG-4 AVC」という有能コーデックが開発されちゃったせいで、あまり使われていません。

「MPEG-4」って聞くと「mp4」の事を想像しますが、ここでは「コンテナ」の事ではなくて「コーデック」の事を指します。
「MPEG-2」と同じく、「MPEG-4」という名前もコンテナとしても使われる事もあるし、コーデック名として使われる事もあります。

結論:MP4≠MPEG-4

Motion JPEG  ・1フレーム毎の画像にJPEGを使用してるだけのコーデック  
安いデジカメ・スマホの動画撮影に良く使用されているコーデックで、略して「MJPEG」と呼ばれる事が多いです。
他のコーデックと違って「フレーム間圧縮」はせずに「フレーム内圧縮」だけを行う為、デコード・エンコードがめちゃくちゃ早いですが(低スペック機器でも撮影出来る、再生時のシークが激軽)、画質が良くないのが特徴です。

1フレーム毎の画像にjpgを使用してるだけという仕組みが超単純なコーデックなので、デジカメ単体などで動画編集が出来る機種もあったりします。(1フレームがただのjpg画像なので)

昔は動画撮影といえばこのコーデックでしたが、今は動画を撮影する機器のスペックが上がっているので、「ハイビジョンカメラ」とか「ちょっと高いデジカメ」とかだと「H.264/MPEG-4 AVC」が主流となっており、安いデジカメ・スマホ以外では使用されません。


可逆圧縮コーデック

Lagarith Lossless Video Codec  ・バランスの取れた可逆圧縮コーデック  
キャプチャにも、普通のエンコードにも両方使用できるバランスの取れたコーデックです。「Ut Video Codec Suite」と同じような感じですが、設定項目は少ないです。

Ut Video Codec Suite  ・バランスの取れた可逆圧縮コーデック  
Youtube等に直接投稿できない点を除けば、キャプチャにも、普通のエンコードにも両方使用できるバランスの取れたコーデックです。作者が日本人で、現在「可逆圧縮コーデックと言えばUt Video Codec Suite」と言うくらい多くの人が使っています。

MLC Codec  ・圧縮率を極端に上げたい時に使用される可逆圧縮コーデック  
画質を全く落とさずに、かつ、ファイルサイズを出来る限り落として動画を保存したい場合などに使えるコーデックです。一番低負荷の「Maximum speed」を選択しても、他の可逆圧縮コーデックより高圧縮で高負荷気味です。
 
コーデックを判別する方法
拡張子を見ても、コーデックを判別することはできません。

コーデックを判別するには、「コーデック判別ソフト」が必要です。
「コーデック判別ソフト」には、「MediaInfo」や「真空波動研SuperLite」などがあります。

menndouyukkuri
個人的には「MediaInfo」をおすすめしますが、とにかくどちらかは必ず入れておいてくださいね

 
エンコードする際のおすすめ
インターネットに公開する
 H.264/MPEG-4 AVC 一択
素材として使用する
 Lagarith Lossless Video Codec・Ut Video Codec Suite などの可逆圧縮コーデック
自分で保存しておく
 VP9 または H.265/MPEG-H HEVC

・・・がおすすめです。
 

音声コーデックの種類

音声コーデックとコンテナ
音声コーデックの殆どは、色々なコンテナに対応しています。

例えば、MP3というコーデックで符号化したデータは、.mp3というファイルフォーマットに入れることも出来ますし、.aviや.mkvなど様々な動画ファイルフォーマットにも入れる事が出来ます。

このように、一口に「MP3コーデック」と言っても、色々なファイルフォーマットに使用されており、.mp3というファイルフォーマットだけに使用されているわけではありません。

基本的に「ファイルフォーマット」というのはただの「入れ物」なので、画質や音質には左右されません。

「ファイルフォーマット」が左右するのは、
  • ファイルサイズ
  • 字幕表示サポート
  • 第2音声サポート
  • 可変フレームレートサポート
  • 可変ビットレートサポート
などのファイルの内容以外の部分となります。

画質や音質を左右するのは「コーデック」です。
 
音声コーデックの種類と特徴
音声コーデックでも有名なもの、よく使われるもの、将来有望なものについて簡単に特徴を説明していきます。


非可逆圧縮コーデック
別名「ロッシー」コーデック。非可逆な為、音質は若干落ちますが、ファイルサイズは大幅に小さくする事が出来ます。

MP3  ・現在最もよく使用されている音声コーデック  
現在最もよく使用されている非可逆圧縮音声コーデックの1つです。
よくMPEG-3だと勘違いされますが、MPEG-1 Audio Layer-3という名前です。
昔は「音楽ファイル」と言えばMP3一択でしたが、今ではAACやVorbisなどの他の非可逆圧縮コーデックに音質・ファイルサイズの面では負けています。
しかしながら、互換性なども問題が有る為、今でも一番良く使用されているコーデックです。

AAC  ・H.264/MPEG-4 AVCとともに使われる一番主流の音声コーデック  
低ビットレート〜中ビットレート帯(128kbpsくらいまで)では、単純にmp3と比べて1.4倍くらい音質が良いらしいです。(ソース
最近ではmp4動画をエンコードする際に、H.264ビデオコーデックとセットで使用される事が非常に多いです。
地上デジタル放送とかBSデジタルに使われていたりもします。

Opus  ・知名度は皆無だがこれからが期待される高性能な音声コーデック  
馴染みがないでしょうが、Youtube動画の音声コーデックとして使用されているコーデックです。
Youtubeでは現在、ファイルフォーマットを「WebM」、ビデオコーデックを「VP9」、音声コーデックとして「Opus」が使用されています。
ロイヤリティーフリーで、プロジェクトはMozillaの支援を受けています。
レイテンシが非常に低くできることが大きな特徴ですが、普通の音声コーデックとしてもAACを凌駕するなど、とても高性能です。

WMA  ・何故か人気が無い残念なMicrosoft製コーデック  
音質もファイルサイズもMP3より上で、他のAACなどと比較しても大差ないのに何故か(Microsoft製という部分に問題がありそう)人気が無い残念なコーデックです。
Apple系のMP3プレイヤーで再生する事が出来ないのが大きいのかな・・・ かわいそう。

可逆圧縮コーデック
別名「ロスレス」コーデック。正直ロスレスなんてどれを選んでもファイルサイズは変わらないので「そのコーデックを対応しているハード・ソフト」が多いかどうかで選ぶとよいでしょう。

その点では「FLAC」が一番多くのソフト・ハードに対応していますが、Apple製品を使っている人は「ALAC」がいいかもしれません。

FLAC  ・一番多くのソフト・ハードに対応しているロスレスコーデック  
可逆音声コーデックの中で一番有名で古米なコーデックです。
デコード・エンコードが速い代わりに、圧縮率が大した事ないっていうのが特徴。また、古米だけあって対応している機器が多いです。(iTunesが非対応なのがネックです)
ハイレゾ音源のコーデックとして使用されている事が多いようです。

ALAC  ・Appleの、Appleによる、Appleのためのロスレスコーデック  
Apple社が提唱した可逆コーデックです。
Apple・Sony製のMP3プレイヤー以外では再生出来ない事が多いです。
これら2社の製品ばかり使用するって場合以外は使用するメリットはあまり無いかも。
最近オープンソースになりました。

WMA lossless  ・対応している機器が殆ど無い残念なMicrosoft製コーデック  
先述した非可逆WMAの可逆圧縮バージョンです。
圧縮率は優れているコーデックなのですが、対応している機器は殆ど無いです。
 
エンコードする際のおすすめ
普通の人
 MP3 or AACで192kbps以上でエンコードすればいいでしょう。
音質厨の人
 FLAC or ALAC or 非圧縮(リニアPCMという)でどうぞ(呆れ)。

menndouyukkuri
こうしてWMAは忘れ去られたのであった
音声コーデックは一長一短だから目的別で選ぼうね

インターレースとプログレッシブ

インターレースとプログレッシブの違い

この動画を見ればある程度分かると思います。


インターレース方式とは?
インターレース方式は、先ほどの動画にもあったとおり「走査線」というものを1本毎に飛ばして描画する方法です。
▲こんな感じの描画方法を高速に行う事で、人間の目には違和感なく観る事が出来る

テレビ放送はインターレースとなっています。
ただ、現在の液晶テレビ(ディスプレイ)は「走査線」という概念は無く、インターレース信号から
プログレッシブに内部で変換して表示されています。
 
プログレッシブ方式とは?
プログレッシブ方式は、「走査線」を上から順に1本ずつ全て描画する方法です。
例えば30fpsの動画の場合、1秒間に30枚のフレームが描画されます。
▲簡単に言うと、パラパラ漫画と同じということ

パソコン上ではプログレッシブしか扱えないので、インターネット上にあるほとんどの動画はプログレッシブですし、スマホなどの動画もプログレッシブです。
ですが、デジカメについてはインターレースのものとプログレッシブのものとで結構分かれています。
 
インターレースとプログレッシブ動画の呼称(iとp)
インターレースとプログレッシブには、それぞれアルファベットで「i」「p」と付けられます。
以下の様な感じになります。
  • 480p(解像度640×480なプログレッシブ動画)
  • 480i(解像度640×480なインターレース動画)
  • 720p(解像度1280×720なプログレッシブ動画)
  • 720i(解像度1280×720なインターレース動画)
 
インターレースとプログレッシブの特徴
  • インターレース
    • プログレッシブの半分のファイルサイズで、プログレッシブと同じ「滑らかさ」にする事が可能
    • 動画の構成単位が「フレーム」じゃなくて「フィールド」なので、一時停止した時とかにブレる(キレイに表示されない)
    • 動画共有サイトなどでは、動画は「プログレッシブ」として再生されるので、縞々の横線が入ってブレブレになる、動画の滑らかさが消えるなど非常に悪い状態で再生されてしまう
      → インターレースをプログレッシブに変換(インターレース解除)するときれいに表示できる
  • プログレッシブ
    • 動画の構成単位が「フレーム」なので、一時停止した時とかにキレイに表示される
    • 動画共有サイト上などでキレイに再生出来る

基本、パソコンやスマホなど日常的にはプログレッシブを使えば良いです。
 
インターレースとプログレッシブを判別する方法
インターレースとプログレッシブを判別したい場合には「MediaInfo」などのコーデック識別ソフトを使用する事で簡単に識別する事が出来ます。
ただし、aviファイルなど一部動画では、こういうソフトを使用してもインターレースの項目が表示
されない事が有ります。

そういう場合は「60fps読み込み」機能などで判別できます。

また、普通に動画プレイヤーで動画を再生(インターレース解除機能はOFFにして)してやって、
動きの激しい部分などで一時停止させてみて横縞線が入っていなければプログレッシブ動画と判断
する事も出来ます。

このページの内容は以上です。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます